外壁塗装はいつやるべき?建物の劣化を見てから決めよう

劣化しているかチェックしよう

外壁は、一年中外気にさらされているので、劣化は避けられません。どういった症状が出るのかを知って外壁塗装工事に役立てましょう。

外壁塗装が必要なケース

  • 手で触ると白い粉が付着する
  • あちこちでひび割れが発生している
  • カビや汚れが目立つ
  • 塗料の色が薄くなっている
  • 水漏れが頻繁に起こる

人気の塗料をチェックしよう

no.1

耐久性が高いシリコン系の塗料

外壁塗装で使われる割合が多いのは、ダントツでシリコン系です。選ばれる理由としては、耐久年度10年から15年と長いこと、太陽の熱や雨などの気候に耐え抜く力があることです。汚れにくく、色あせしにくい点も1位に選ばれた理由です。

no.2

コスト重視の方から人気のアクリル

外壁塗装と言っても、決して安いわけではないためお金がないと先延ばしする傾向にありますが、塗り替えないと住宅に様々なトラブルが起こります。そういう場合はアクリル塗料で乗り切りましょう。耐久性に乏しいため、近年はあまり使われることはないですが、コスト面はずば抜けて良いので、まだまだ人気があります。

no.3

耐久性抜群の塗料にするならフッ素

どの塗料よりも、持ちが良いのはフッ素塗料の自慢です。塗り替える頻度を極力避けたいという方から選ばれており、宇宙に飛び立つロケットに使用されるほど質の高さを誇っています。1位にランクインしたシリコン系を抜いて、最長20年と耐久年度が長く、今最も注目されている外壁塗料です。

no.4

密着度が高いウレタン

ウレタン塗料の最大の特徴は、密着度が非常に高いことです。劣化による塗料剥がれが少なく、ツヤがあるので長持ちします。コスパもいいので、手軽に工事したい方向けです。費用が安い上に質がいいので、今後もウレタン塗料の人気は持続すると思われます。

no.5

美しさを出すなら光触媒の塗料

建物を美しくするのに適しているのが光触媒の塗料です。光触媒に太陽の光が当たると化学反応が起き、表面についた汚れを分解します。その後雨が降れば自然と汚れを洗い流すことが可能です。この仕組みにより、自分たちで掃除をする必要がなく、放置してても美しい外観のままなのです。

自分でやるか、それとも業者に依頼をするか?

自分で施工する場合

業者に頼むと100万円は普通にしますが、自分で行なうと半分以下の費用で外壁塗装を行うことができます。また、デザインも自由に決められるのでイラストを描くということも可能でしょう。誰かと一緒にやると楽しいかもしれませんね。

業者に依頼した場合

自分でできなくもないですが、外壁塗装の仕上がりは経験を積んでいるプロの方がとてもキレイです。ムラなく塗りたい、面倒を避けたいなら外壁塗装専門業者に依頼した方が賢明ですよ。塗料の準備も不要ですし、プロに頼めばいいので自分で行なう必要はありません。工事をしている間、自分の好きなことを思う存分できるでしょう。

[PR]外壁塗装なら東京の業者へ
お家の外観をもっと綺麗に

[PR]外壁塗装なら埼玉の業者にお任せ!
プロが最適なプランを提案してくれる

[PR]外壁塗装なら愛知の業者に頼むべし!
家を長持ちさせよう

[PR]大阪の外壁塗装業者をリサーチ☆
カラーシミュレーションを使ってみよう

[PR]蒲郡市で人気な外壁塗装業者を紹介☆
安心・安全な施工を提供してくれる

外壁塗装を依頼する前に知りたい良い業者と悪い業者の違い

男性たち

業者の選び方

東京、埼玉、愛知、大阪、蒲郡市には実に沢山の外壁塗装業者がいますので、厚生労働省大臣から認定されている一級塗装技能士がいるかどうかなどは必ずチェックしましょう。外壁塗装は質が命なので、塗料や施工についての知識や経験が皆無だと失敗される恐れがあります。また、数年の保証がついているかも重要ですよ。地域密着型の施工業者は、独自で保証を設けているケースが多く最長で10年というところも存在します。大体こういう業者は、工事が完了した後もしっかりアフターフォローをするので、外観は美しいままです。

こんな業者にご注意を

いきなり訪問して、外壁塗装をするよう仕向けるのが悪徳業者の手口です。相手は非常に口が上手なので、騙されやすい人は工事を承諾してしまう可能性があります。たとえ劣化してても、外壁塗装をしなければ建物が崩壊するというようなことはまずありません。悪徳業者に促されるままやってしまうと、後で後悔する羽目になりますから、怪しいと思ったら断りましょう。また、数十万円と大きな金額を値引きするケースも多く、この場合は施工した後に多額の費用を請求されることが多いです。

広告募集中