外壁塗装をする前に知りたい進め方や注意点

外壁塗装は色選びが重要?始める前に知りたい基礎知識

某団体とメーカーの色見本を徹底比較

某団体

様々な色を見たいという場合は、某団体が出している色見本がおすすめです。色の数が多いので、好きな色を外壁塗装に使うことが可能でしょう。ただ、外壁に向かない塗料の可能性もあるので相談が必要です。

メーカー

現場で使用されている塗料を再現したサンプルなので、どの色見本よりもリアルです。塗料の細かい詳細がわかりますし、時代に合わせた塗料選びが可能となります。一方、塗料別に色見本が作成されているので数が非常に多く、優柔不断な方はなかなか選びきれないかもしれません。

色の選び方

面積に注意する

外壁塗装で最も多い失敗が色のイメージに関することです。原因は、面積効果を考慮して選んでいないからです。例えば、小さい面積と大きな面積では、小さい面積の方が色が濃く見えます。反対に面積が大きい方は同じ色でも薄く見えるでしょう。外壁塗装は住宅に行なうものなのでどうしても範囲が広くなりますが、面積を考慮して選べば失敗しません。

サッシやドアに合う色にする

外壁の事しか頭になく、サッシやドア、屋根の色に合わせるのを忘れてしまったという方も少なくありません。中でも屋根は面積が広い上に、外壁と一緒で印象に残る場所です。外壁塗装に失敗しないためには、他のパーツに合うものを選定する必要があるでしょう。

色見本はたい太陽にかざして見る

見本を見る時に覚えてほしいのが、光によって色の見え方が異なるということです。外壁は、蛍光灯に照らされることはないので、太陽の下で見た方がイメージに近いかと思います。

ツヤ加減を決める

外壁塗装は色だけで見た目を決めるものではありません。ツヤも重要とされます。このツヤがあるかないかで、印象はだいぶ違うでしょう。また業者がツヤを調整するわけではないため、色選びの時に決めておく必要があります。

事例を参考にする

施工業者がHPで公開している事例にも目を向けましょう。どのような色なのか、他の住宅とうまく馴染んでいるかなどをチェックすることができます。他にも、影になっている部分や日が当たる部分を見ておくといいです。晴れている時や曇っている時の見え方はわかれば、色選びもしやすくなるでしょう。

外壁塗装をする前に知りたい進め方や注意点

一軒家

工事開始までの流れ

外壁塗装に使う色が決まったら、実際に相談をします。電話でもいいですし、ネットで簡単に依頼ができます。親切な業者は、作用を行なう前に、スケジュールを渡してくれます。それを見て作業開始から終わりまで一通りチェックすれば安心です。まずは相談をして、実際に見積もりを取ってもらってから話を進めましょう。

外壁塗装にかかる日数

順調に進めば、12日くらいで作業完了ですが、天候が悪いとそれ以上かかります。最低でも2週間から3週間はみておくべきでしょう。あまりにも短い場合は、適当に作業をしている可能性があるので注意が必要です。

トラブル回避のために

埼玉で外壁塗装をする前に、必ず行うのが近隣儒民への挨拶です。外壁塗装中は騒音や匂い、高圧洗浄をする時に水が跳ねるなどがあります。何も知らされず、これらの被害に遭われた方は怒り心頭でしょう。後でトラブルに発展しないためにも、一言工事する旨を伝える必要があります。

広告募集中